お肌の問題があったら

男性医師

美容系の皮膚科で問題解消

最近はお肌の悩みができた際に、皮膚科や美容整形外科ではなく美容皮膚科に行く方が増えています。なぜなら普通の美容整形外科や皮膚科に行くよりも、美容皮膚科に行く方が何かとメリットがあるからです。たとえばほくろやいぼを取りたい場合、美容整形外科では美容目的とみなされるので保険が適用されません。それなら皮膚科で受ければいいのですが、そちらでは逆に治療優先で痛みや治療痕に配慮してもらえない可能性もあります。でも美容系の特性を併せ持つ皮膚科なら、その二つの病院が持つ都合の良いところだけを利用することが可能です。美容皮膚科では、まず見た目の良さをまず最優先にしながら皮膚トラブルの解消ができます。その上で病気の治療として必要だったと判断されれば、そのまま保険の適用に切り替えてもらうことも不可能ではありません。そんな風に、執刀医の判断で自由に保険診療と自由診療を切り替えてもらえるのがこのタイプの皮膚科を受診するメリットです。そこが便利だと評判になり、患者からの人気も高まっています。さらに美容系の皮膚科なら、ほくろやいぼのように皮膚がんの可能性があるものを適切に扱ってもらえる点も人気です。美容整形外科では目的の個所を施術してしまったら、後は通院できません。所が美容皮膚科なら、納得のいく結果が出るまで通院し続けることができます。治療費はその分かかりますが、満足度の高い治療ができる点では美容皮膚科の方が断然有利です。美容皮膚科は、通常の皮膚科と違ってまず予約をしなくては受け付けてもらえない所が多いようです。ゆえに、当日に飛び込みで治療を受けようと考えても断られる可能性が高いので気を付けましょう。予約は電話やFAXの他、公式サイトのフォームから受け付けています。診察や治療を受けたい方は、まずそこからカウンセリングを予約してから行くようにしてください。カウンセリングは、通常の皮膚科の診察とほとんど変わりません。唯一違うところがあるとすれば、治療方針に患者の意見が取り入れてもらえる可能性が高いということです。たとえば痛みを最小限に抑えながら、見た目の綺麗さを重視したいといえばそれに沿った治療方針を立ててもらえます。通常の皮膚科では、そこまで患者側の都合を配慮してもらうことはありません。また病気の疑いがありと判断されれば、皮膚組織をそのまま病理検査に回してもらうことも可能です。そして検査の結果悪性の病気となれば、そのまま病気の治療にスライドすることができます。手術や検査が必要になった時の申し込み方法は、美容皮膚科も通常の病院とほぼ変わらないので手間がかかりません。この際の支払いや手術の申し込みも、事務の方が手続きをしてくれるのでそちらに任せれば大丈夫です。こんな感じで通常の病院とほぼ変わりない感覚で利用できるので、皮膚について相談がある方は気軽に利用してみましょう。