肌のトラブルを解消

顔に触れる女性

幅広い症状に対応している

一般皮膚科とは異なり「美容皮膚科」は、最新の美容医療を治療に取り入れているクリニックで、様々な肌のトラブルに対して対応しているのが特徴です。美容皮膚科の場合はニキビやシミ、たるみといった一般皮膚科では治療法が少ない、また治療対象外の肌トラブルもドクターに診てもらえます。一般皮膚科でもニキビの治療は行っていますが、治療法はビタミン剤や抗生物質配合の外用薬を処方するという程度です。一方、美容医療を行っている皮膚科の場合は同じニキビでもケミカルピーリングやレーザー治療など、美容医療を用いて治療を行います。シミやたるみといった年齢肌は老化で起こるものなので、一般皮膚科では治療を行うということはまずありません。美容皮膚科はより肌を美しい状態へと治療するのが目的のクリニックですので、シワ・たるみという肌の老化も治療で対応しています。肌のハリ感や弾力性が衰えることが原因で起こるシワにたるみといった症状は、サーマクールなど最新の美容医療で治療するクリニックが多いようです。このように、一般的な皮膚科では治療法が少ない、または治療自体を行っていない肌トラブルに対しても、適切な治療を提供してくれるのが美容皮膚科の特徴です。肌トラブルは大きなコンプレックスになってしまうことが多いので、悩んでいる人は治療の幅が広い美容皮膚科を受診してみてはいかがでしょう。美容皮膚科で治療を行うにあたって注意したいのが、ドクターの指示通りに内服薬や外用薬を使うということです。特に外用薬の場合は早く肌トラブルを治したいがあまりに、塗り過ぎてしまう傾向にあるので注意しましょう。ニキビやシミの治療を行う場合、美容皮膚科では塗り薬となる外用薬を選択して治療を進めるケースも少なくありません。ニキビの場合はニキビを引き起こす雑菌を減らす抗生物質が、シミはメラニン色素を薄くする作用のある外用薬が使われます。何となく外用薬はたっぷりと塗ったほうが、より効き目がアップすると感じてしまいますが場合によっては、肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。外用薬といっても医薬品には変わりはないので、定められた量よりも多く塗り過ぎてしまうと肌の赤みやカブレなどを招く危険性があるのです。美容皮膚科では外用薬を処方する際には、どのくらい塗れば良いのか適量を教えてくれるので、必ず守るようにしましょう。また、症状が落ち着いてくると勝手に内服薬の服用を止めたり、外用薬を塗らなくなったりする患者さんもいますが、これもNGです。患者さんが自分勝手に治療を止めてしまうと、余計に症状が悪化してしまうリスクがあるため、症状が収まっても医師の指示に従い治療を行いましょう。